看護師は過酷な仕事?

看護師とは、過酷な仕事です。
夜勤も度々しなくてはならず、経営状態のよくない病院だと、少ない人数によって回していかざるをえないのが現状です。
過労によって鬱になる方もたくさんいて、辞めてしまう割合もかなり高いのです。
白衣の天使といったりはするけれど、現状の業務は楽ではないようです。
看護師は、寝返りを打つのも難しいような患者さんの体位交換や、食事を一人では行えない患者さんの食事の介助、下のお世話といった体力仕事も多いものです。
その間にも、他の患者さんからナースコールがあれば、速やかに応じなければいけません。
それだけでなく、入院中の患者がちょっとでも良い入院生活を送ることができるように考えてあげることもまた看護師の仕事です。
当直は看護師の場合、16時間にもおよぶ長い拘束時間となっていて、勤務中でも仮眠をとれることになっています。
国の指針により月に8回までと定められていますが、その範囲に収めることが困難な場合が増えています。
病院における看護師の勤務形態によっては、規則的な生活を送れなくなったり、疲れて体調を崩す人が多いのも、看護師が長続きしない理由の一部かもしれません。
ナースには悩み事がたくさんあるものです。
看護師という職種は激務の代表のような職業なので、対人関係にも疲れはてることが多いといわれています。
給与が高くても、その分だけ、悩み事の多い職種ですので、退職していく人が多い職場もあるのです。
看護師の職場といえばホスピタルという位置づけがだれもが思うことでしょう。
また、ナースの資格を活かせる職場は、ホスピタル以外にも色々とあります。
保健所で保健師とよく話し合って地域住民の健康上の様々なケアをするのもナースの役割です。
また、福祉施設には医師を確保しているところは少なく、ほとんどの医療行為をナースが行います。