白髪染め染まりやすくするコツってありますか?

最近白髪が増えてきて、ちょっと困っています。
外見が老けて見えるとかは特にどうでもいいのですが、問題はそこではなく、気持ちの問題のほうです。
自分に白髪が生えているということをどこかで意識しているのか、なんだか気持ちまで老けてきている気がしているのです。
自分の外見が気持ちに与える影響って思ったよりも大きいみたいなんです。
そこで今日、思い切って白髪染めをしてみることにしました。
ところで、白髪染めシャンプーってあるじゃないですか。
毎日普通にシャンプーしているだけで、自然に白髪が染まっていくというアイテム。
あれって面倒臭くないのは分かりますが、徐々に染まっていくのってかなりもどかしいです。
別にある日突然白髪が黒髪になっても恥ずかしくもなんともないので、僕は普通の白髪染めを使うことにしました。
しかし、なかなか染まりが悪かった!僕の場合、髪質が剛毛なせいか、放置時間を倍にしても、薄茶色くらいにしか染まりませんでした。
結局、買ってきた白髪染めを使い果たしても染まらず、もう1セット白髪染めを追加購入しました。
次回は放置時間をもっと長くしてみようと思っていますけどね。
一回染めるのに毎回2セット買うのは嫌です。
でも、染まらないのは放置時間だけの問題じゃないかもしれない。
そう思っていろいろ調べた上で、僕なりにちゃんと染まるコツを考えてみました。
まず、白髪染めをする前にシャンプーで髪を洗っておくこと。
僕は少し脂性なので、一日経つと髪が脂で少しですがしっとりしてしまうんです。
この脂が白髪染めの薬剤を弾いてしまい、うまく染まらなかった可能性があります。
ここで注意ですが、髪を洗ったあとはドライヤー等でしっかりと乾かすこと。
髪の毛に水分が残っていると、薬剤が髪の内部にうまく浸透せず、これも染まりにくい原因の一つになる可能性があります。
薬剤の発色反応は温度が高いほど促進され、染まりも早くなります。
というわけで今回は2セット使って、やっと綺麗に染まりました。
幾分気持ちも若くなったような気がしました。
白髪染めの効能に「気持ちが若返る」って書いても嘘ではないくらいです。